携帯電話

 最近の携帯電話の普及率は著しく、おそらくこの調子なら数年後には携帯電話を持っていない人なんて、いなくなるかもしれません。

 ところで、最近は着メロと呼ばれる電話の呼出音が面白くなってきました。「ピピピピッ!」なんて無機質な呼出音ではなく、突然、意表を突くメロディが流れると、普段はマナーの悪さにイライラしているのも忘れて、ニヤリとしてしまいます。

 ある日、夜中の電車に突然流れ出したのが「宇宙戦艦ヤマト」のテーマソング。おつかれムードがただよう車内に、「さらば~地球よ~」とメロディが鳴り始めます。あわてて持ち主は鞄の中を探り始めますが、なかなか電話は見つからないようです。

 メロディは鳴りつづけています。よどんでいた車内の空気に、ほんの少し活気がでてきたようです。

 持ち主は鞄をかきまわしていますが、なかなか携帯電話は見つからず、曲は流れつづけています。いよいよ曲はクライマックスにさしかかり、ラストの部分の「うちゅう~せんかん~」という勇壮なメロディーにさしかかりました。曲の盛り上がりは最高潮です。

 と、そこで携帯電話が見つかりました。
「ピッ!」
 やっと曲を止めることができた持ち主は、ほっとした顔で電話を持ち、まわりを見まわします。すると、すでに注目の的になっていた彼は、まわりの熱い視線に戸惑ったようです。

 彼は困った顔になりました。自分がまわりの期待を裏切って、一番盛り上がる部分で着メロを切ってしまったことに気づいたのです。しかし、一度止めてしまったものは取り返しようもなく…。

 ――結局、彼はまわりの熱い視線にこたえて、小声で「や~ま~と~」と続きを歌ってくれました。