『愛の若草物語』 目立たぬ長女メグに愛を込めて

愛の若草物語
1987年1月11日~12月27日放映(全48話)

 南北戦争中のアメリカ北東部に住むマーチ家の四姉妹が、父の出征で女ばかりの家の留守を預かり、お互いに助け合いながら成長していく姿を描いた物語である。


『愛の若草物語』24話 左上メグ(16)、右上ジョオ(15)、左下ベス(10)、右下エイミー(7)

 見終わって思ったが、長女メグのあつかいが悪くないか。

 次女ジョオは文学、三女ベスは音楽、四女エイミーは絵画とそれぞれに特技が設定されているのに、メグには何もない。

 メグに関するエピソードも、舞踏会デビューしようとしたら戦火に巻き込まれてできなかったとか(6話)、念願の舞踏会デビューを果たしたら足をくじいたとか(19話)、舞踏会で着飾ったら「孔雀みたい」と言われたとか(31話)、あまりメグの魅力を伝えるものがない。

 ほかの3人については、それぞれに印象的なエピソードがある。

 次女のジョオは37話で、戦地でケガをした父親のために自らの髪を売る。家族の前では、あっけらかんと「もじゃもじゃのときよりきっと頭がよく働くわ。軽くてひんやりして気持ちがいいのよ」と笑う。しかし、乙女が髪を切って平気でいられるわけがない。部屋に戻ったジョオは、ひとり枕を濡らす。思わず、頭を撫ぜながら、「だいじょうぶ? おれと結婚する?」といいたくなるシーンである。

 三女のベスは11話で空想のピアノを弾き、本物が弾きたくて涙を浮かべるほどのピアノ好きである。いろいろあって、隣家の老紳士ローレンスからピアノを贈られる。ふだんは冬眠中のシマリスよりおとなしく、マメ科の花より目立たないベスが、「私、幸せすぎて倒れそうなの…」とからだを震わせ、ひとりローレンスのもとへ出かけ、抱きついてお礼をいうシーンに、視聴者は萌え狂わざるを得ない。好きである。


『愛の若草物語』26話 ローレンスとベス

 四女のエイミーの42話における健気さは特筆すべきことである。ベスが病気で倒れ、感染しないように大叔母の家に預けられたエイミー。自宅には近づかないように言われるのだが、ある雪の日にがまんできずに自宅の庭先まで来てしまう。いつもはでしゃばりで我の強いエイミーが、ただ心配そうに家を見上げて雪の降る庭先にたたずんでいるところは、家族愛の象徴ともいえるシーンである。

 あと、メグはボンレスハムみたいな髪をしている。

 ――と、澤選手のようにオチ担当になってしまうのがメグなのである。若草物語で人気投票をしたら、ほかの三姉妹が上位に食い込む中、ひとりだけ9位とか微妙な順位になって、視聴者をいたたまれない気持ちにしそうなのがメグなのである。

 メグは47話でプロポーズされるのだが、最初は断ろうと思っていたのに、大叔母から「あんな貧乏人はやめておけ」と言われて、「そんなことないわ、彼はいい人よ!」とプロポーズを承諾してしまう。そんな勢いで決めて後悔しないか、老婆心ながら心配である。

 とにかく、どうか彼女に幸せがめぐってきますように。(メグだけに)