『名犬ラッシー』 やさしい世界のやさしい犬

名犬ラッシー
1996年1月14日~8月18日放映(全26話)

 炭鉱の町で暮らす少年ジョンとコリー犬ラッシーの交流を描いた物語。


『名犬ラッシー』16話 ジョンとラッシー

 人気が出なくて打切りになったということで、よほどつまらなかったんだろうかと期待せずに見たら、まったくそんなことはなかった。人々の暮らしぶりを感じさせる町の描写は世界名作劇場のなかでも屈指の出来栄えだし、ジョンのへこたれない性格は好感が持てるし、ヒロインは素朴でかわいい。

 ただし、犬のラッシーが主役ということで、単調になっている部分もある。この作品は、基本的に一話完結でラッシーの活躍が描かれるのだが、ラッシーは犬なのでできることには限りがある。ものを運ぶ、人を呼んでくる、何かを捜すというあたりがラッシーの活躍の限界で、犬らしくないこと(家事をする、相談にのる、心理戦など)はできない。よって、いくつかのエピソードで「似たような展開だな」という印象を受けることがあった。

 犬だけに、ワン・パターンなのである。

 もっとも、単調なのは悪いばかりではない。単調だからこそ、共感をおぼえるような日常のさりげない出来事を、じっくり描くことができている。秘密基地で友達と語らったり、みんなでケーキをつくったり、ザリガニ釣りに出かけたりといった、のんびりとした作品世界を楽しむことができるアニメである。

 どのエピソードもうまくまとまっているが、6話の「嵐の中をかけぬけろ」などはこの作品らしさがうまく表現されているかもしれない。町内の家に届け物をするため、嵐の日に出かけていくという「冒険」のスケール感のささやかさや、風でちっとも前に進まないジョンのコミカルな動きなど、イライラしてそうな人に見せてやったら、やさしい気持ちになって犯罪が減ると思う。


『名犬ラッシー』6話 嵐の中をかけぬけるジョンとラッシー

 ジョンと離れ離れになったラッシーが、ジョンのもとへ帰るための千キロメートルに及ぶ旅路が、打切りのためにたったの2話で終わってしまったのは残念である。あと数話もあれば、作品としての完成度はぐっと高まったことだろう。いち視聴者として、そんな無念を感じる作品である。