アイスエイジセオリー

 「安西先生、バスケやめたいです…」というギャグを思いついたので、その陳腐度を調べるため「バスケやめたいです」で検索したら354,000件あり、バスケをやめたい人が思いのほか多いことがわかった。

アイスエイジセオリー

 別の部署にいやな奴がいる。そいつより納税のほうが好きなくらいだ。
 そいつと関わる仕事があり、気が進まないなりに進めていたが、一昨日渡した書類の細かい部分について、そいつから嫌味っぽいメールが来た。そいつの出身地は知らんが京都に帰れと思う。

アイスエイジセオリー

 最近は、せっかく面白いダジャレを思いついても検索するとどうせ誰かがすでに書いていることがほとんどなので発表する気が失せるのだが、せっかくの面白いダジャレなので一応発表する。

 元気百倍、アンパンクラチオン

アイスエイジセオリー

 栗一粒秋三界を蔵しけり  寺田寅彦

 この句、もとは栗(くり)ではなく粟(あわ)であったらしい。いつのまにか(おそらくは誤植で)粟が栗になってしまったようだ。坪内稔典がこれを解説をしている文章がよかったので、書き留めておく。
 
『三界は仏教用語だが、私たちの全世界をさす。すなわちこの句は、一粒の栗のなかにこの世のすべてが詰まっている、という意味であろう。』
『では、この句、粟の句とすべきだろうか。私見では栗でよい。もし粟だったらこの句が有名になったかどうか。おそらくならないだろう。小さい物の代表みたいな粟粒にこの世の全てがあるというのは、理屈が通り過ぎて平凡だ。それに対して、栗の句とすると、理屈よりも栗の存在感そのものを生き生きと表現している。』

 たしかに粟だとしゃらくさい。栗には可愛げがある。あまりにクリアーな解説なので、好きでもなんでもない句が好きになった。

引用文の出典:「産経新聞」朝刊 2012年11月9日号記事を高橋輝次編著「増補版 誤植読本」から孫引き

アイスエイジセオリー

 客層が陰気なところが気に入っている喫茶店でよく昼飯を食うのだが、今日は陽気なおばさんが来ていた。見たことのないマスターの笑顔がショックだった。
 店を出るとき、自動ドアの軽く押すボタンを強く押した。

アイスエイジセオリー

 何度も目で見ているのに脳は認識していないことがたまにあるが、うちの近所にカレー屋があることを最近知った。一度脳が認識すると、いちいち目に付くようになる。
 以前、名探偵コナンの灰原哀とナニワ金融道の灰原達之が同じ名字という事実を脳がうっかり認識したせいで、哀のことを考えているときに達之の顔がチラつくようになったのに似ている。

アイスエイジセオリー

 今日は仕事で久しぶりに高速道路に乗った。
 無心に三十分ほど運転していると、マリオの無敵BGMが脳内に流れ始めて危ない。

 昨日書き忘れていたが、「アイスエイジセオリー」は日記の名前。カッコイイ名前をつけると長く続けられそうな気がする。

アイスエイジセオリー

 中田はすでに七人ほど自分を見つけたそうだ。
 
 部屋にかかったマスタード色のカーテンを見ていたら唐突に涙がこぼれた。カーテンは十五年ほど前に奮発して買ったものだが、ずっと同じのをかけていることが急に悲しくなったのだ。
 そして、涙ぐみながら、自分にそんな感性があったことにびっくりした。かつてはこんなことで泣けるなど想像もできなかった。感性は年齢とともに鈍っていくばかりかと思っていたが、そう単純なことでもないのかもしれない。
 そういうわけで、ちょっとしばらく日記を書いてみようと思う。