アイスエイジセオリー

『子規は俳句に写生という方法を導入したが、この写生が発想や表現の類型化したいわゆる月並俳句を打破した。』
『俳句という少ない言葉による写生は、本来的に無理があるのだが、無理を押し通して写生をすると、対象の誇張、強調、拡大、変形、縮小、省略などをしばしば引き起こす。』

これを読んで、なぜ多くの詩形には音数や押韻などに制約があるのか腑に落ちた。定型に押し込もうとするがゆえに、発想を自由にしなければならない。定型は自由のための装置であるというのが不思議でおかしい。

引用文の出典:坪内稔典「俳句的人間 短歌的人間」(岩波書店)